ダイナミックマッハ 副作用

ダイナミックマッハの副作用について

ダイナミックマッハに副作用はないのか?まだまだネット上には情報が少ないダイナミックマッハですが、ブログや口コミサイトなどではこれといった副作用は見られません。公式サイトでも確認してみたところ、今のところ副作用の報告はないとのこと。ダイナミックマッハはサプリメントに近いので、それほど副作用の心配はしなくてもいいかもしれませんね。
ダイナミックマッハの効果としては・・・

 

  • 強度アップ
  • 耐久力アップ
  • サイズアップ
  • 回復力アップ
  • 精子量増加

 

が挙げられます。ダイナミックマッハにはペニス増大効果だけではなく硬さや持続時間、回復時間にまで影響を与えることができるようですから男性によっては心から待ち望んでいたという方もいらっしゃるでしょう。そんなダイナミックマッハの上手な使い方、飲み方についてこれからご紹介していきたいと思います。

ペニス増大効果を高めよう

ダイナミックマッハのペニス増大効果をアップするためにこれからご紹介することを試してみてください。普通、サプリメントには副作用の心配はありませんが、過剰摂取には気をつける必要があります。ダイナミックマッハは一日1粒の摂取。多くても一日2粒までにしていきましょう。サプリメントの過剰摂取では飲むことを止めれば大丈夫でしょうが、もし、頭痛や気分が悪くなったりしたら一時停止し、心配でしたら病院で医師に相談してください。

 

まず、ダイナミックマッハのようなサプリメントは、サプリの成分だけでは十分な効果を発揮することができません。サプリメント単体では必要な成分が足りず、他の成分との同時接種ではじめて十分な効果を発揮してくれるのです。サプリメントは食事から摂取したエネルギーを効率よく利用するためのきっかけ。車がガソリンだけでなく、エンジンオイルやブレーキオイルなども必要なのと同じで、全ての要素が揃って最大限のパワーを発揮することができるのです。

 

また、ダイナミックマッハを摂取するタイミングも重要です。一つのタイミングは食事の前後。食事と一緒に摂取するタイミング。もう一つが夜、できれば寝る前に摂取することが効果的です。なぜなら睡眠中は成長ホルモンが分泌されるからです。食事で摂取する成分と同時だと効果を発揮するのと同じく、成長ホルモンと同時接種だとさらに効果を高めることが可能になるのです。

 

もう一つのタイミングが性行為の前、自慰行為の前に摂取するタイミングです。ダイナミックマッハを飲んでペニスを勃起させることでペニス内へ成分を巡らせることができます。これが一番効果的なことでペニスを直接刺激することができますから、可能であればこのタイミングでもダイナミックマッハを飲むようにしましょう。

ED治療薬との違い

ペニス機能に対する効果が保証されているED治療薬。ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つがあり、本当に効果があると認められているのはこれだけです。これらのED治療薬とダイナミックマッハの違いについてお伝えする前に、まずは3つのED治療薬の特徴をご紹介します。

 

バイアグラとは

 

ファイザー社が開発したバイアグラは世界初のED治療薬として認知されている一番有名なED治療薬。実はバイアグラは意図せず作り出されたもの。狭心症の治療薬の開発中にたまたま作り出された成分なのです。

 

バイアグラの弱点には副作用が出やすかったり、食事の影響を受けやすいといったところがありますが、強い勃起状態を維持できる。早いと30分で効果が現れるという即効性があります。

レビトラとは

 

ドイツのバイエル製薬会社が作り出した世界二番目のED治療薬がレビトラです。副作用が出にくく食事の影響もバイアグラほどではなく、バイアグラの改良版とも言われています。

 

即効性があり、持続時間もバイアグラより長いという特徴があります。実際に行われた実験によるとバイアグラの持続時間が最大6時間なのに対し、レビトラの持続時間が最大10時間。即効性があり持続時間も長いというのがレビトラの特徴です。

シアリスとは

 

シアリスは一番新しいED治療薬で持続時間が最長36時間もあり、食事の影響もほとんどうけないというメリットの大きい治療薬です。即効性の点についてだけはバイアグラやレビトラに劣りますが、持続時間の長さには匹敵するライバルはいません。

 

これらのED治療薬とダイナミックマッハの違いですが、副作用のあるなしについて大きな違いがありますね。ED治療薬を飲むためには医師の処方が必要ですが、ダイナミックマッハの場合はそれがいりません。これは副作用の心配が少ないからにほかなりません。

 

安心して飲むことができるというのがダイナミックマッハの特徴。過剰摂取だけに気をつけていればいいのです。

サプリメントだから副作用はない?

冒頭でダイナミックマッハはサプリメントなので心配はいらないとお伝えしました。副作用の心配は少ないですが、まったく心配しなくても良いというわけではありません。サプリメントはベースサプリメント→ヘルスサプリメント→オプショナルサプリメントと効果がアップしていきますが、ダイナミックマッハオプショナルサプリメントに分類されるもの。効果を期待できる分、飲みすぎれば副作用の可能性もあります。

 

実際にサプリメントでも好ましくない有害作用が現れることもあり、利用者から「下痢をした」「発疹ができた」「肝機能低下があった」などの身体の不調も報告されています。その他にも頭痛、腹痛、目眩などの体調不良を感じたらすぐに利用を中止し様子を見ましょう。利用を止めても治まらない場合は医療機関を受信してください。

 

一番行ってはいけないことが「効果が出ている証拠だから」と我慢して飲み続けることです。サプリメント利用者は、たくさん摂れば摂るほど効果があると考えがちですが、過剰摂取は思わぬ危険を呼び込む可能性も。ラベルに記載されている摂取量を守り、複数のサプリを利用する際は重複する成分が無いように気をつけてください。

 

ダイナミックマッハを適切に利用するためにはサプリメントの危険性を認識するとともに、身体の不調が合った時には何をいつからどれだけ摂取しているかを相談できるよう覚えておく必要があります。ですので、普段からダイナミックマッハの摂取量、他のサプリや食事メニューなどをメモ程度でも残しておくようにしましょう。

サプリとNGの飲み合わせ

サプリメントと同時接種が危険な飲み合わせをご紹介しておきます。

 

まず、市販の解熱鎮痛薬はイチョウ葉エキスと同時摂取してはいけません。解熱鎮痛薬に含まれるアスピリンもイチョウ葉エキスも血液をサラサラにし、出血が止まらなくなる可能性があります。また、キシリトールガムに含まれるキシリトールは便を柔らかくする作用があり、糖尿病治療薬や高アンモニア血症治療薬との同時接種は避けましょう。同じ効果を持つ薬とサプリを飲むこと、真逆の働きをする薬とサプリを飲むことも薬の効果を打ち消してしまうので避けましょう。骨粗鬆症予防にビタミンKやコエンザイムQ10には血液凝固作用を妨げる働きがあることも覚えておきましょう。

 

ダイナミックマッハの主成分はL-シトルリンとL-アルギニン。L-シトルリンについては毒性の低い成分なので、今まで過剰摂取による副作用や健康被害の報告は無いそうです。副作用の可能性があるのがL-アルギニンです。L-アルギニンを過剰に摂取した場合には胃のもたれ、腹痛、下痢などの症状が出ることがあります。ですが心配はいりません。一日に20グラム以上を摂らないと過剰摂取の心配はないからです。L-アルギニン20グラムというと、たとえばハンバーグ15個、唐揚げ26個、とんかつ10枚と、とても一日で食べられる量ではありませんから。

 

サプリメントとは違い、薬の管理はおくすり手帳で医師や薬剤師の目が行き届いているので安心ですが、そこにサプリメントが加わると話は別。無意識に飲んだサプリメントで薬の効果が無くなったり、逆に増進されたりすることもありえますので、この点を意識して心配ならば医師に相談してくださいね。